5月 032015
 

どーもーでぐっちゃんです。

640x640_rect_9436015


商品の価格差をリサーチをする時に

「輸入」で検索をかけるのと

「セラーリサーチ」

をする方法と大きく分けて2種類あります。


僕は結構「セラーリサーチ」をしています。

セラーリサーチとはその名の通り

他の出品者が出品している商品の一覧を見て

その中の商品をリサーチするという方法です。


その出品者が実際に販売しているので

仕入れルートは不明ですが価格差があるのは間違いないですね。

在庫処理として赤字で販売している事はあるかもしれませんが

ほとんどの商品が売れたら利益が出る商品です。


だからといって全商品を仕入れる事はありません。

その中でも自分の目標としている


利益率・回転率


があるはずですので

その目標に合った商品のみを仕入れます。


ではどのような出品者を対象にセラーリサーチをすればいいのか?!

という事ですがこれは人によって感じ方が様々だと思いますが

僕の場合は評価が80~200までの人を目安にセラーリサーチをします。


これには理由があって


評価が80未満の出品者
⇒そもそもリサーチの能力がまだあまりない事が多く
 利益率が低い商品、競合が多い商品が多々ある。


評価が200以上の出品者
⇒ここまでくると独自の仕入れルートを築いている方がたくさんいます。
 自分が仕入れルートを持っていればいいのですが
 ほとんどの場合AMAZONかebayで仕入れる事になりますので
 見つかる可能性が低い。


といった理由でこの評価の範囲に当てはまるセラーを対象に

セラーリサーチをしています。


でもセラーリサーチにももちろん

メリットとデメリット

が存在します。


明日はこの事について書きますので

何かを考えてみて下さい。


ではまた。

 

 

 

 

 

 

 

まとめ
メリットデメリットは特に難しい内容ではありません。


無料でメルマガやっております。
よろしければこちらから登録お願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

でぐっちゃん輸入メルマガ