5月 132015
 

どーもーでぐっちゃんです。

U7194P1190DT20120616081620
これは僕が使っている技なんですが(そんな対した事ない)

こうゆう時はどうしたらいいんだろう?

という時にやっている事があります。


例えばあなたが道端で財布を拾ったとしましょう。

その中には100万円が入っていました。

でもどうしようか迷っています。


自分の中の天使
「100万円もの大金落とした人は困っているはずだわ。すぐに警察に届けましょう。」

自分の中の悪魔
「財布は落ちてたんだぜ?届けるフリしてそのままもらっちまおーぜ!」


そうこういう事です。


えっ?

何の事か分からない?


そうですよね。

僕も分かりません。笑


よく似た感じなんですが自分の中で分からない事や困った時に

相談する相手って一人はいると思うんですよ。

その人に言われると間違っていても正しく聞こえてくるみたいな人です。


・・・分かりましたか?


そうです!

その人を自分の中に召喚するんです!!


例えば僕が仕事中に何かトラブルがあってすぐに判断が必要になった時は

自分の便りにしている先輩を召喚します。


自分
「やばいっす。こんな事がおきてしまいました。どうしたらいいのか・・・」

先輩
「まずは落ち着け。これは前にもよく似た事あったやろ?
 それと同じように処理しておけば初期の対応としてはいいだろ。」

自分
「さすが先輩っす!あざっす!!」


という感じで実は自分でもよく考えたら答え分かってるんですよ。

ただその答えを出す方法がわからないんです。

なので先輩ならどういった対応をするのか?なんて言われるのか?

そういった事を考えて動く事によって良い方向へ進むことが確実に多いんです。

間違った対応だったとしてもいいんです。

そう考えてやったという事がのちの財産になりますし

間違っていたとしてもきっと自分が召喚した人は前向きに捉え自分を励ましてくれるでしょう。


ちなみに・・・

僕は芸能人だと広末涼子がとても好きなので(まぢで女神)

自分の中に召喚する時があります。

(キモイ・・・まぁいっか。笑)


もぉ本当にくじけそうな時ってないですか?

こんな事やってらんねぇよーーーー。

嫌だーーーーーーーーーーーーーーー。

っていう時。

そういう時は僕の中に女神を召喚します。


涼子
「でぐっちゃん!もう少しだけ頑張ってみよーよ!」

でぐっちゃん
「えーでももうやりたくない・・・」

涼子
「私頑張ってるでぐっちゃんが好きなのになー。」

でぐっちゃん
「えっ?今なんて・・・?」

涼子
「だから・・・」


はいもう止めときます。

書いていて頭おかしいわってなってきました。

こんな事書いてたら僕に問い合わせる人絶対いなくなりますね。笑


ではまた。

 

 

 

 

 

まとめ
でもこの方法は結構使えると思いますので何かあったときはあの人ならなんて言うんだろう?
と考えてみて下さい。そこで出た答えはあなたが出した答えなんです!


無料でメルマガやっております。
メルマガのみの輸入方法等配信しておりますので
よろしければこちらから登録お願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

でぐっちゃん輸入メルマガ